コンフォートスイーツ東京ベイ●家族でTDRを楽しむのに便利

コンフォートスイーツ東京ベイで旅行予算を節約しながらも満足なTDR旅行が叶う♪

みなさまはTDR(東京ディズニーリゾート)がお好きですか? 私は大好きです!!

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーで閉園までパークを満喫したあと、お家に帰るのってちょっぴり切ないですよね。夢の世界から一気に現実に戻り、へとへとになった体を引きずって帰宅した経験…私も何度もあります。
そんなとき、お手頃な価格であともう少しだけ夢の続きを見ることができるホテルが新浦安周辺にはたくさんあります♪その中の優秀なホテルのひとつ、コンフォートスイーツ東京ベイに宿泊してきたので、その時の情報をシェアします。

コンフォートスイーツ東京ベイの基本情報

舞浜駅のお隣、新浦安駅からバスで約10分。海に近いエリアにあります。新浦安駅から歩くと悠に30分はかかる距離なので、家族など大人数で駅からアクセスする場合はタクシーの方が良さそうです。
ホテルとディズニーランド、ディズニーシーを結ぶ無料シャトルバスがあるので、それを利用するのも便利です。パークからホテルまでバスの所要時間は20分~30分くらいです。

駐車場料金が無料になるプランだったので、私たち家族は車で向かいました。駐車場のスペースが狭いということもなく、安心して停められます。

駐車場台数 161台(先着順、予約不可)
料金 1,500円/1泊(税込)
ご利用時間 11時~翌日14時/1泊
時間外料金 100円/30分(税込)
車体制限 高さ2.2m以下、長さ5.0m以下、幅1.85m以下、重量2t以下
満車の場合は近隣駐車場を利用する形になるようです。
ホテル駐車場をご利用の場合は途中出庫も可能です。
直営ホテルやオフィシャルホテルと違い、当日朝の駐車は11時からの適用となる点は注意ですね。とはいえ、時間外料金は1時間当たり200円なので良心的です。

基本的にチェックインは15時(公式サイトから予約すると14時からOK)、チェックアウトは11時です。

コンフォートスイーツ東京ベイの館内

ちょうど10月だったため、ロビーはハロウィンの雰囲気です。手前には、小さなお子様が遊べるスペースがありました。

ロビー右手には、14時~24時に自由に使える「ウェルカムドリンク」コーナーがありました。コーヒーとレモンウォーターが飲み放題です。しかし、紅茶派の私としては、ティーバッグが置いていないのはかなり残念です。名古屋伏見のコンフォートスイーツにはちゃんと紅茶が置いてあったので、店舗ごとに対応が異なるのかもしれませんね。

フロントで簡単な受付を済ませ、go toトラベル特典の地域共通クーポンを受け取ったあとは、自動チェックイン機でお部屋のカードキーを受け取ります。ホテルのモチーフ、トランプのマークが施されていてカワイイです。チェックアウトの際もこちらの自動チェックイン機で簡単に手続きができます。

フロントの左手奥にはコンビニエンスストア「ローソン」があり、とても便利です!

ランドリーコーナーもあります。洗濯から乾燥まで全自動です。運転コースにより100円~500円、洗剤不要です。乾燥機をかけにわざわざ戻って来なくて済むのは本当に助かります!小さな子ども連れだと着替えの予備がたくさん必要で荷物がかさばってしまいがちですが、洗濯できるのはありがたいですね!荷物が最小限で済みます。

エレベーターでお部屋のフロアへ。階数表示のトランプがかわいいです。

お部屋のカテゴリは、広さにゆとりのある「コンフォートスイート」と、今回泊まった「コンフォートツイン」の2種類。スタンダードなお部屋ですが、十分広いです!スーツケース2個広げても余裕です。収納スペースもたっぷりあります。ベッドは140cm幅で、小学生の息子が添い寝でも全く苦になりません。小学6年生までの添い寝の子どもは無料で、無料朝食も利用OKです。まさにファミリーのためのホテルです。
くつろぐスペースにゆとりがあります。空気清浄機もあります。
コンセント差込口がたくさんあって助かります。携帯、ビデオ、カメラ、etc…一度に充電できます。


お部屋には紅茶がありました。ほっ。コンフォートスイーツ東京ベイの地味にすごいところ【その1】大きな冷蔵庫があります。冷凍庫もあるので特に夏場は重宝しそうです!

コンフォートスイーツ東京ベイの地味にすごいところ【その2】なんと全室に電子レンジが備え付けてあります!!これは個人的に超ポイント高いです!!小さい子連れで外に食べに行くのが大変な時、お部屋で温かい食事がとれるのはすごくありがたいです。離乳食を温めたりするのもお部屋でサクッとできちゃうのは本当に楽ですよね!

備え付けのパジャマはワンピースタイプでした。

アメニティは最低限のみといった感じでした。メイク落としや化粧水は持参する必要があります。子ども用の歯ブラシはフロントでお願いするともらえるようです。

子ども用の踏み台が備え付けてあるので、小さな子どもも安心です。

ファミリーに優しい、洗い場付きのお風呂。バスタブもゆったりしていて快適です。シャンプー、コンディショナー、ボディソープはボトル入りで設置してあります。

無料シャトルバスで東京ディズニーリゾートへ

お部屋探索を終えたら、無料シャトルバスに乗って東京ディズニーランドへ!…ではなく、パークインしないでパーク周辺のお散歩を楽しむ、なんちゃってプチTDR散歩に出かけます。お財布に優しい楽しみ方をしてこようと思います♪

無料シャトルバスは各パークの駐車場の中に停留所があります。パーク入り口までは歩いて5分ほどかかります。夕方のディズニーランドホテルのイルミネーションが美しく輝いています♪

パーク外にある大きなディズニーショップ『ボンボヤージュ』でお買い物。ホテルに帰ってお土産を眺めるのもまた楽しみのひとつですよね♪2020年10月現在、コロナのため事前の入場予約が必要となっています。ボンボヤージュ入場予約サイトはこちら。

「ディズニーリゾートライン」に乗ってパーク周辺をぐるっと遊覧するのも大好きです♪夕暮れ時はパークの景色とイルミネーションの両方が楽しめるのでおすすめです。たった260円で13分間もディズニーの世界に浸ることができて、パークインせずに乗れるアトラクション(交通機関とは思ってません。笑)最高です!

イクスピアリにも立ち寄り、TDRの空気を十分に吸ったあと、ホテルへと戻ります。

お部屋で節約ディナー

本日のディナーは節約♪電子レンジ調理可能なおかずやお惣菜をホテル1階のローソンで購入し、お部屋で温めていただくことにしました。ここでもGo To トラベルの地域共通クーポンが使えるので、さっそく利用しました。

お家から持ってきた、もうすぐ賞味期限切れになる防災用備蓄のごはんと、スーパーの特売で65円でゲットしたカップ豚汁、ご飯のお供、ローソンで買ったおつまみ厚切りチャーシュー238円、焼き餃子149円、鶏のから揚げ248円、シーチキン&コーンサラダ198円、ソフール(ヨーグルト)108円。うむ、なかなか豪華なご飯になりましたぞ!

おや?お部屋の壁がなんだか怪しげ…。パズル状になっているパーツをはがしてみると…

なんと!カードが出現!

「このカードをフロントにもっていくと、おかしがもらえるよ」とのメッセージが!わくわくしながらフロントへ行くと…

パズル型のクッキーをもらえました♪こういった小さな仕掛けは子どもに嬉しいサービスですね☆

なんだかんだでたくさん歩いてエネルギーを消費したので、この日は早めに就寝。かけ布団がとっても暖かいです。アラフォー女子のわたくしにはちょうどよかったですが、息子には暑すぎたらしく、バスタオルを羽織って寝てました。

コンフォートスイーツ東京ベイの無料朝食レポ

そして翌朝。コンフォートホテルは豪華な無料朝食が付いてくるのが大きな魅力です。混み合うことが予想されたので、朝8時前に1階のラウンジに向かいました。
【2021.6.22追記】2021年6月22日より、朝食が有料(大人:1,200円。添い寝の子どもは無料)となるそうです。


ナポリタン、鮭の塩焼き、お惣菜、ゆで卵など、朝食ビュッフェの定番が並んでいます。

サラダミックス、コーン、ポテトサラダ。子どもにターゲットを絞ったラインナップなのかもですが、サラダ類の種類がもうちょっとあると嬉しかったなぁ~。
クロワッサン、ロールパン、ワッフル。手前の2つは個包装されていて安心です♪

みんな大好き☆カレーライス。お味はちょっぴりスパイシーです。子どもには少し辛いかも。
朝食の時も紅茶が無く、コンフォートホテルグループにて期間限定で提供されているスムージーもここでは用意が無くて残念…。そのかわり、温かいスープがあるなどソフトドリンクの種類は豊富です♪メロンソーダがラインナップされており、息子は大喜びで何杯もおかわりしていました。
ほかには、唐揚げ、ポテト、モロコシ揚げ、ヨーグルト、シリアルなど、子どもが喜ぶメニューがたくさんありました。

ちなみにこの朝食、お持ち帰り用の容器に詰めてお弁当にしてお部屋で食べることも可能です!コロナ時代の新スタンダードとしてのサービスにホテルの心遣いを感じます。

ホテル周辺は遊べるスポットがいっぱい

朝食を食べたあとは、ホテルの目の前にある「浦安市総合公園」へお散歩に出かけました♪ピクニック公園やデイキャンプスペースなどもあり、とっても広いです!小さな子どもと一緒に遊びに来ている近所の住民の方、自然の中でウォーキングを楽しむおじいちゃんやおばあちゃん、デイキャンプではしゃぐ学生さんなど、清々しい光景がたくさんありました。
CMにでも出てきそうなさわやかな景色!

お弁当持参の方もたくさんいらっしゃいました。私たちもピクニックシートを広げて、持参した軽食やおやつを遠足気分で食べました。都心とは思えないほど空気が澄んでいて、のどかな気分です。暖かい季節はホテルの朝食をお弁当にして公園で食べるのも楽しそうですね!

午後はホテルを出て、コンフォートスイーツ東京ベイから歩いて10分弱の距離にある「トランポランド TOKYO BAYSIDE」へ。ちなみに「トランポランド」の道路挟んでお向かいには「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」があるので、汗をかいた後は温泉でスッキリというコンボ技も可能です♪どちらもgo toトラベル地域共通クーポンが使えます。

トランポランドの利用料は
会員登録料(初回のみ)550円(専用ソックス付き)
60分 / ¥1,650 90分 / ¥2,150 120分 / ¥2,580(税込)です。
3歳以上、身長110cm未満のお子様はキッズエリアのみ利用が可能で、料金は60分 / ¥1,100(税込)です。トランポリンせず見学だけの付き添い保護者は無料です。
事前にネットで会員登録してから来店すると時間節約になるのでおすすめです。
駐車場は無料で利用することができます。
初回入会時には、足裏に滑り止めのゴムがついた専用ソックスがもらえます。安全のため、これがないと遊ぶことができません。

右側の黄色いトランポリンはキッズエリアです。
バスケットのゴールや、後ろ向きに飛び降りる高台、制限時間内にたくさんボタンを押すゲーム、ドッヂボールエリアなど、いろんな種類のトランポリンがあります。子どもだけでなく大人も楽しめます!60分間があっという間でした。いい運動になりました。

コンフォートスイーツ東京ベイ 宿泊費用を公開!

今回のプチ旅の費用は…
コンフォートスイーツ東京ベイ 宿泊代(コンフォートツイン。日曜泊、月曜チェックアウト。駐車場代込プラン。大人2人+小学生1人無料)7,200円
TDRへの交通費 0円(無料バス利用)
Go To トラベル割引額 2,520円
支払額 4,680円
Go To トラベル地域共通クーポン還元 1,000円
実質 3,680円
で楽しむことができました♪

そのほかの大きな費用は
トランポランド 初回登録費 + 60分利用 × 3人 = 6,600円
でした。

今回はTDRパークインせずのプチ旅でしたが、ホテルのコスパが非常に良かったので、次回はぜひパーク後のお泊りに利用してみたいと思います♪

現在の価格は以下のボタンからチェックしてみてくださいね。

「コンフォートスイーツ」タイプのお部屋に再訪した時の記事はこちら↓

あわせて読みたい記事

コンフォートスイーツホテルを満喫したら、オリジナル枕がついてきた!?コンフォートホテルの客室に設置してあるオリジナル枕【チョイスピロー】がもらえるプランを利用するために、ふたたびコンフォートスイーツ東京ベイを訪れました![…]