【再訪】コンフォートスイーツ東京ベイ★オリジナル枕がもらえた!

コンフォートスイーツホテルを満喫したら、オリジナル枕がついてきた!?

コンフォートホテルの客室に設置してあるオリジナル枕【チョイスピロー】がもらえるプランを利用するために、ふたたびコンフォートスイーツ東京ベイを訪れました!

ちなみに前回訪問時の記事はこちら↓

あわせて読みたい記事

コンフォートスイーツ東京ベイで旅行予算を節約しながらも満足なTDR旅行が叶う♪みなさまはTDR(東京ディズニーリゾート)がお好きですか? 私は大好きです!!東京ディズニーランド、東京ディズニーシーで閉園までパークを満喫した[…]

コンフォートホテルオリジナルのチョイスピローとは

ホテルの公式サイトによると、【チョイスピロー】はお客さまの声を取り入れ寝具メーカーと共同開発した枕で、横向き寝にも仰向け寝にも対応し、一人ひとりの睡眠姿勢にフィットする快適な眠りを提供する枕だそうです。主な特徴は
・仰向け寝だけでなく、横向き寝にも対応した形状
・頸椎を無理なく支え、寝返りのうちやすい5つのユニット構造
・ほどよい弾力性を持つ、衛生的なポリエステル綿を使用

とのこと。枕は後日に指定の住所(日本国内限定)へ配送されます。大人1名・1泊につき、1つの枕がもらえます。添い寝のお子様分は対象外です。例えば、1室2名(ダブル、ツイン)で宿泊した場合は、1泊につき2つの枕がもらえます。2名1室に2泊した場合はなんと4つも枕がもらえます。送料は無料です。ただし沖縄県および離島については税別2,000円の送料が追加で発生するそうです。

コンフォートスイーツ東京ベイのお部屋カテゴリ

客室の種類は2種類あります。前回はスタンダードな「コンフォートツイン」のお部屋に泊まったので、今回はそれよりやや広めの「コンフォートスイーツ」のタイプのお部屋に泊まってみました。スペック的な違いは以下の通りです。

●コンフォートツイン
部屋の広さ:26~29m2
ベッド: ダブルベッド(140cm×2台)
室数:152室

●コンフォートスイーツ
部屋の広さ:32~36m2
ベッド:ダブルベッド(140cm×2台)+ソファベッド(85cm×1台)
室数:159室

ちなみに、全米シェアNo.1ブランド「Serta(サータ)」の最新マットレスを日本で初めて導入してしているそうです。寝心地快適です♪

こちらは「コンフォートスイーツ」のお部屋です。今回は1室大人3人での宿泊のため、手前のソファはベッドになっています。

ソファベッドの横には例の仕掛けが…(詳しくは前回記事を参照)今回もクッキーいただきました!

奥には小さなテーブルがあります。コンフォートツインの場合は椅子がひとつですが、コンフォートスイーツだと椅子が2つになるようです。

個人的な感想としては、小学生以下の添い寝の子どもがいる場合は「コンフォートツイン」でもまったく不便ないと思います。お部屋の広さ、ベッド幅(140cm)ともにゆとりがあります。中学生以上からは大人料金がかかるので、必然的に「コンフォートスイーツ」を選択する形になるかと思います。コスパは「コンフォートツイン」の方が高いかなと思いました。

無料朝食の内容も前回と比較してみました!
【2021.6.22追記】2021年6月22日より、朝食が有料(大人:1,200円。添い寝の子どもは無料)となるそうです。


今回はチキンのトマト煮がありました!そのほかはほぼ同じ内容だったように思います。

名物(と勝手に思っている)の「とうもろこしの香ばし揚げ」もちゃんとありました!もちろんお腹いっぱいいただきました。

そして今回は、ちゃんと朝食時に紅茶の用意がありました!良かった!!(しかし、14:00~24:00の時間帯にロビーで提供している「ウェルカムドリンクサービス」ではやっぱり紅茶が置いてありませんでした。なぜだろう。涙)

コンフォートスイーツ東京ベイ 宿泊費用を公開!

さて、今回の宿泊費用の詳細です。

宿泊費 35,800円(コンフォートスイーツタイプ。大人2人+ソファベッド1人)
駐車場料金 1泊1,500円
Go Toトラベル割引 -11,875
千葉ディスカバーキャンペーン キャッシュバック -15,000
支払額 10,425円

地域共通クーポン還元 -5,000
実質額 5,425円

なんと実質5,425円で快適なお部屋に泊まることができて、しかも約1万円相当の枕2個が後日お土産としてもらえちゃいました!自宅でもホテルと同じ快適な睡眠を味わいたいと思います♪