横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ★横浜駅の喧騒から離れてリラックス

横浜駅西口すぐ目の前に建つ、横浜ベイシェラトンホテルタワーズ。一歩足を踏み入れると都会の喧騒が嘘のようなゆったりとした時間が流れています。慌ただしい駅の空気から逃げたいときに駆け込むことができるオアシス的存在です。ロビーの雰囲気が好きでお仕事の打ち合わせなどにロビーカフェをよく利用するのですが、自宅からわりと近いということもあり、宿泊で利用する機会はこれまで一度もありませんでした。

が、コロナの影響のためか、ホテルの宿泊費がとてもお手頃になっていたので、これはチャンスと思い、泊まってみることにしました!

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズの基本情報

横浜駅西口から徒歩1分ほど、アクセスは超良好です。JR、京急、東急、相鉄、横浜地下鉄、みなとみらい線など各線が乗り入れています。

駐車場は、宿泊客は1泊1,900円、チェックインからチェックアウトまでが対象です。レストラン利用の場合は利用金額3,000円以上で1時間まで、5,000円以上で2時間まで無料になります。それ以外の利用は 6:00~02:00の間、30分ごとに440円です。

通常のチェックインは15:00、チェックアウトは12:00です。

添い寝は小学生まで無料です。

コンビニは周囲にいろいろあります。ホテルの地下1階と地下街の「相鉄ジョイナス」がつながっているので、買い物や食事には全く困らない立地です。雨が降ってもアクセス安心です。2階は横浜高島屋とつながっています。

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズのお部屋

私のマリオットボンヴォイの会員ランクはブログ名のとおりゴールドなのですが、今年は主人のプラチナ会員資格をフル活用させてもらっています。スタンダードルームを予約していましたが、ラグジュアリールームにアップグレードしていただきました。ありがとうございます。

一般的なスタイルのテレビ&デスク。テレワークにも便利そうです。

横浜駅の景色を眺めながらリラックス。

UCCのカプセル式コーヒーマシンがありました。

クローゼットはハンバーの数も十分です。バスローブもあります。

冷蔵庫の中は有料のドリンク類が置いてあります。

パジャマ(寝間着)はワンピースタイプでした。

子ども用のアメニティ、タオル、寝間着を用意してくださっていました。

洗面台は落ち着いた雰囲気です。ラグジュアリールームだからか、独立したシャワーブースとなっていたので便利でした。

レインシャワーとハンドシャワーの2種類あります。レインシャワーは使いませんでしたが、ハンドシャワーの水温、水圧は問題なしです。

お風呂にはスピーカーが付いていて、テレビの音声を聞きながら入ることができます。

シェラトンおなじみ「le grand bain」のシャンプーアメニティ。その他アイテムも揃っています。

QUESTの化粧水、乳液、メイク落としもあって助かります!

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズのクラブラウンジ

お部屋探検が終わったらさっそくクラブラウンジへ(プラチナ会員はクラブラウンジを無料で利用することができます)
木製の扉が雰囲気と合っていて素敵です。15時頃に訪れたときには2~3組ほどの方が利用されていました。すいているのでゆったり過ごせそうです。窓際のテーブル各所に電源タップがあり、パソコンを持ち込んで過ごしている方もちらほらお見掛けしました。

クラブラウンジにはキスチョコ、塩バタかまん(カマンベールクリームがサンドされた甘しょっぱいクッキー)、ローカーウエハース、ハリボーベアグミ、ロータスカラメルクッキーなど、ちょっとこだわりのおやつがたくさん置いてありました。15:00~16:30はフルーツゼリー、フィナンシエが追加されるうえ、スタッフさんにお願いするとマカロンをいただくこともできます。最近縮小傾向にあるマリオット系列のラウンジですが、横浜ベイシェラトンのティータイムサービスからはおもてなしの気持ちが伝わってきて嬉しくなります♪

ディルマの紅茶が種類豊富においてありました。このパッケージは初めて見たので調べてみたら、T-シリーズというのですね。ビュッフェなどで置いてあるものよりも贅沢なラインナップのようです。

冷蔵庫にはたくさんのソフトドリンクが。ミニサイズなので欲しいものを少しずつ楽しめます。

お茶とお菓子を楽しんで一旦お部屋へ戻ると、横浜駅も夕暮れの景色に変化していました。

カクテルタイムを楽しむために、ふたたびクラブラウンジへ。先ほどとはうって変わって大賑わいの大盛況で満席です。

見た目にも素敵なお酒がたくさん用意されています。

おつまみのミックスナッツ。

コロナの影響か、ビュッフェではなくプレートでの軽食がサーブされる形式でした。内容は、お魚のマリネ、サーモン、ハム、チーズ、白身魚のフライ、トルティーヤチップなどの盛り合わせです。あくまでおつまみという位置づけです。子どもにはちょっと微妙な内容かな…。ここ1年ほどの間、多くのマリオット系列ホテルのクラブラウンジサービスはこのような簡素な形式に変わってきているようです。贅沢を言ってはいけないですが、私たち夫婦はお酒をまったく飲まないので、もう少し選択の余地があると非常に嬉しいなぁと感じます。

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ「コンパス」の朝食

翌朝はオールデイビュッフェレストラン「コンパス」にて朝食をいただきます。(朝食もプラチナ会員特典で無料です。小学生の息子の分も無料でいただくことができました)

地元の野菜、大山の豆腐、浅田の手作り納豆、湘南育ち米はるみブレンド、走水のわかめ・アカモク、愛川町のこだわりたまご、本カマスの干物・アジの開き、大珍楼の豚肉焼売、小田原の梅干し等々、神奈川県の食材をつかったメニューが豊富です!

サラダ類、フルーツはパリッとして新鮮です。

ヨーグルトがカップで置いてあると嬉しいです。このくらいの量をちょっと食べられるのがいいです。

パンの種類はあまり多くはありませんが、おいしそうです。

おかずは少しずつ小分けにされていて便利です。

ソーセージ、卵、ベーコンなどのホットミール。

神奈川県産メニューの魅力にひかれ、めずらしく和食中心となりました。健康的な朝食を楽しみました♪

ホテルB1Fのペストリーショップ「ドーレ」

ホテルの地下1階にはケーキやパンのお店「ドーレ」があります。ここのパンをお部屋へテイクアウトしてランチにしました♪
マリオットボンヴォイ会員の場合は部屋付けにしてマリオットボンヴォイポイントをもらうのがベターですね!

スコーン200円、くるみあんぱん231円など、お値段お手頃♪

マリオット(厳密にはシェラトン)のマリトッ…(自粛)

ケーキも映えます。社員マスカットのショートケーキが美味しそう!

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズの宿泊費用を公開!

今回はマリオットボンヴォイのポイントを使って宿泊しました。
横浜ベイシェラトンはカテゴリー5のホテルです。とても素敵で優雅なホテルなのにカテゴリー5とはお得な気がします。
私が泊まった日はオフピークの日程だったので、使用したポイントは30,000ポイントです。ちなみにスタンダードの日程だと35,000ポイント、ピークだと40,000ポイントが必要です。
有償で泊まる場合でも、もっともお手頃なスタンダードダブルのお部屋だと通常は1室20,000円~35,000円くらい(繁忙期を除く)なので、ホテルの設備や環境を考えると、グッドバリューなホテルだと思います!

なお、そのほかの支出は以下の通りです。
駐車料金 1,900円
ドーレ(パンのテイクアウト) 612円
合計 2,512円

楽天トラベルの口コミ評価★4.4、じゃらんの口コミ評価★4.5(2022年1月現在)と、非常に評価が高いのも納得のホテルでした。

マリオットボンヴォイ会員の方は公式サイトでの直接予約がおすすめです。