ホテルJALシティ青森★朝食が魅力的な定番的存在のホテル

5年前に初めて青森を訪れて以来、地元の方々の温かさや街の雰囲気にすっかりとりこになって、何度か家族で訪れています。食べ物やスイーツも美味しいのがまたさらに魅力的なところですよね!

今回はお仕事でのご縁があって青森へやってきました。その際に利用したホテルJALシティ青森をレビューします。

青森駅付近のホテルとしては昔からある定番のホテルで、客層は比較的ご年配の落ち着いた方が多い印象です。

ホテルJALシティ青森の基本情報

ホテルJALシティ青森はJR青森駅から徒歩6分と、なかなかの好アクセスです。青森県観光物産館アスパムや青森県庁へも徒歩圏内です。
青森空港からは、JRバス青森駅行きで約40分(700円)、 終点の「青森駅前」から2つ手前の「県庁通り」で下車、徒歩約3分です。
車の場合は、東北自動車道青森中央ICで下車、約10分です。

通常のチェックインは14:00、チェックアウトは11:00です。

駐車料金は1泊750円です。

子どもの添い寝は可能ですが、何歳までと明確に年齢を規定していないようです。公式サイトには「お客様にご不便が無ければ添い寝できます」と記載されています。現実的に考えると小学生くらいまででしょうか。もし子どもの分のベッドを別途使用する場合は大人と同じ料金がかかります。

コンビニは徒歩2分ほどのところにローソン、徒歩5分ほどのところにセブンイレブンがあります。

ホテルJALシティ青森の客室

今回はスタンダードシングルのお部屋に泊まりました。ベッドは140cm幅のセミダブルです。広さは17~18平米ほどです。枕は低反発枕が用意されていました。

ベッドサイドには携帯の充電ができるようにUSBプラグがありました。

デスクまわりはシンプルです。空気清浄機の用意もありました。

引出の中には延長コード、LANケーブル、携帯用の充電ケーブルがありました。万が一コード類を忘れてしまっても安心です。

冷蔵庫は一般的なサイズです。

粉状の緑茶とほうじ茶がひとつずつ。うーん、さすがにちょっと古めかしさを感じてしまいます。湯沸かしポットも旧式のタイプです。残念ながらお部屋にミネラルウォーターの用意はありませんでした。(もしかしたらデラックスタイプ以上のお部屋だとあるのかな…?)

クローゼット、ハンガーは十分に余裕がありました。

スリッパは不織布の使い捨てではなく、ビニール製です。エコと言えばエコですが、使用するのをちょっと躊躇してしまいそうな質感です。

物を置ける台と引出。スーツケースを置くにはちょっと狭いです。

ウェットエリアは一般的なビジネスホテルといった感じです。

シャワーの水圧、水温、ともに問題なしです。シャンプー、リンスはポンプ式です。ボディソープはバスタブの端にボトルが置いてあります。

かみそり、シャワーキャップ、歯ブラシ、綿棒、ヘアブラシ、コットンとヘアゴム、マウスウォッシュがあります。

ちょっと残念だったのが、壁埋め込み式タイプのヘアドライヤー。ロングヘアで毛量の多い私の場合、パワーが弱すぎていつまでたってもまったく乾きません(涙)

無料Wi-Fiは問題なく使用できました。

その日の青森はぽかぽかと暖かい春の陽気で決して寒い日ではなかったのですが、とにかく掛け布団がペラペラに薄くて寒かったです…。ハンガーに掛けていたスプリングコートとカーディガンを持ってきて布団の上からかけ、寒さをしのぎました。寒がりさんは要注意です。

コインランドリーは2階、電子レンジは8階にあります。電子レンジが使えるのはありがたいですね!
その他貸出品の中には「りんごカッター」もありました。ナイフを持参せずともお部屋でりんごが食べられますね♪

ホテルを一歩出ると、街のおだやかな風景も見ることができます。夕焼けがきれいです。

ホテルJALシティ青森の朝食

ホテルJALシティ青森といえば地元の食材を使ったバラエティ豊かな朝食が有名です。とても楽しみにしていました!

料金は大人1,800円、小学生1,000円、未就学児700円、3歳以下無料です。有料で食べても良心的な価格です。

1階のレストラン「ラ・セーラ」でいただきます。(もしかしたらねぶたの掛け声「らっせーらー!」と掛けた店名なのかしら?)あいにく満席だったようで5分ほど待ちました。

噂通り、品数がとても豊富です。リンゴのドレッシングもありました。

サーモン、いくら、イカ、しめ鯖、マグロ、スズキなどを貝のお皿に盛りつけた「あおもり海鮮盛」。朝から豪華です!あっという間になくなっていきます。

青森県産ながいもとろろ。もちろんいただきました!

縄文すいとん鍋、十三湖大和蜆のお味噌汁。和食も充実です。

お米は地元の高級米「青天の霹靂」つやつやしていてほんのり甘みが感じられる美味しいお米です!青森りんごと牛肉のカレーとご一緒に。

温かいお料理。青森県産長芋いりスパニッシュオムレツなど、ここでも地元産の食材が使われています。

卵焼き、ひじき煮、おひたし、白和え、お漬物などの副菜もいろいろ。

縄文酵母のパン。カンパーニュやリンゴ&くるみなど、どれも美味しそうです。

ここはやはりホテル自家製りんごジャムとリンゴスプレッドでぜひいただきたいですね♪

紅茶、アップルティー、緑茶などのお茶類とソフトドリンク。冷やし甘酒なんてものもありました。もちろんコーヒーもあります。

ホテルJALシティ青森の宿泊料金を公開!

楽天トラベル、じゃらん、一休.comをそれぞれ確認して比較した結果、今回は期間限定クーポンを使えるじゃらんが最安値でした。最安値は時期や条件によって異なるので要チェックです。ちなみにOTA(旅行代理店)経由での予約だったため、JMBホテルマイル積算は対象外でした。

宿泊費(朝食付き) 8,502円
じゃらんクーポン 500円
支払実額 8,002円

青森の食を朝ごはんでぎゅっとまとめて満喫することができました!滞在期間が短い場合やビジネスでの来訪の場合、朝からその土地の実りを感じることができるのはありがたいですね。